薄毛 皮膚科

皮膚科でおこなう薄毛治療って具体的に何をするの?保険は効くの?

市販 女性用育毛剤

 

病院で薄毛治療をする方法は一般病院、主に皮膚科で行う治療と、
専門クリニックで行う治療の2種類から選ぶことができます。

 

皮膚科は日本全国どこにでもある診療科なので、探す必要がなく
すぐに診察をしてもらうことができるというメリットがあります。

 

しかし、診療科目は皮膚全般ということで、薄毛の患者以外にも様々な
病気を患っている人もいて、その中の症例のひとつとして治療を受けることになります。

 

基本的な治療は医師が問題の頭髪を診察、薄毛が酷く進行していることを
確認すると、専用の治療薬であるプロペシアを1ヶ月分処方されます。

 

使用される治療薬はプロペシアのみで、他の薬を試したり、血液検査や
遺伝子検査などといった難しいものは行われていません。

 

他の患者の診察もあるためか、治療にかかる時間は数分、
あっても数十分で済んでしまいます。受診するたびに
プロペシアを1〜3ヶ月分という具合に、期間ごとに治療薬を
処方するのが皮膚科の治療方針となります。

 

プロペシアは髪の毛が抜ける原因となるDHTと呼ばれる物質の発生を
阻害する薬で、服用すれば現状の抜け毛を防ぐことができますが、
逆に言えば抜け落ちるのを防ぐだけで育毛や発毛に対する効果はありません。

 

対処療法であって、それ以上の効果は望むことが難しいので、
皮膚科に通えば髪の毛が伸びてくるといった望みは捨てましょう。

 

治療費自体は薬代だけで済むため安くできますが、髪の毛を取り戻すには
自分でも努力が必要となります。病院で治療を受けるので健康保険が
使えるかと考えられますが、厚生労働省が定める医療保険には含まれていません。

 

基本的に保険が適応されるのは、生活に不自由するような状態であったり、
命にかかわる病気などです。薄毛は命にかかわるものではなく、
生活に不自由するものでもないため、保険適応外として自由診療という
形で全額負担となります。

 

診察代および薬代が必要になり、1ヶ月分の相場は5,000〜7,000円くらいです。

関連ページ

女性の薄毛の悩み
最近では薄毛に悩む女性が増えていますが効果の高い人気の女性用育毛剤をピックアップして成分や値段を解説しています。
女性と男性の薄毛の原因は違うのに男女兼用育毛剤があるのは何故?
男性と女性では、体の作りが違っている為に、分泌されるホルモンも違います。しかし、ホルモンが違うのにも関わらず男女兼用育毛剤が存在するのは何故でしょうか?
女性と男性の薄毛の原因には違いがある
かつては男性限定のお悩みであった薄毛も男女ともに悩まされるものの一つとなっています。しかし、薄毛の特徴やその原因はといえば、男女間で大きく異なっています。
女性用育毛剤の選び方
最近では薄毛に悩む女性が増えていますが効果の高い人気の女性用育毛剤をピックアップして成分や値段を解説しています。
薄毛に効果のある成分
最近では薄毛に悩む女性が増えていますが効果の高い人気の女性用育毛剤をピックアップして成分や値段を解説しています。
40代、50代の女性の薄毛の原因は?
最近では薄毛に悩む女性が増えていますが効果の高い人気の女性用育毛剤をピックアップして成分や値段を解説しています。
30代の女性の薄毛の原因
最近では薄毛に悩む女性が増えていますが効果の高い人気の女性用育毛剤をピックアップして成分や値段を解説しています。
秋は抜け毛のピーク?
最近では薄毛に悩む女性が増えていますが効果の高い人気の女性用育毛剤をピックアップして成分や値段を解説しています。